環境に優しく肌にも優しいのが布ナプキンです

布ナプキンは、ごみが出ないので環境に優しく、肌にも優しいナプキンです。生理時には、デリケートな部分が敏感になっているので、かぶれにくい布ナプキンがおすすめです。

生理用のナプキンは、以前は汚れたら捨てるとずっと思っていました。しかし、布ナプキンは、布でできているので、洗って何度も使えます。経血は嫌なにおいがするので、汚いものだと思っていました。最初は触りたくなかったのですが、一度使うと肌触りのよさにびっくりしました。経血は、体の状態がわかる大切なことです。赤ちゃんのおむつ交換の、うんちの状態を確認するときのような感じです。

布ナプキンは、洗うのはとても簡単です。きれいに汚れを落とす方法があります。布ナプキンは、交換したらすぐに、水の中で軽くもんですすぎ洗いをします。交換してすぐの時には、まだ汚れが固まっていないので、ほとんどの汚れがすすぎ洗いで落とすことができます。

すすいだ後の布ナプキンは、重層と水を入れたバケツにつけておきます。重層以外にもアルカリ系の洗剤がおすすめです。バケツにつけた布ナプキンは、まとめて洗濯機で洗います。手洗いでも大丈夫です。洗濯機で洗う前に、軽く手洗いで汚れを落とします。汚れが残っていると、しみやにおいの原因になるので気を付けます。最後に乾燥させます。外で、日光に当てて干すのが一番良い方法です。日光消毒と言われるように、においもなくなります。

布ナプキンは、使い捨てのナプキンと比べると高いです。しかし、布は洗って何度も何年も使えるので、長い目で見るとお得です。ごみも出ないし、買い置きをする必要もありません。

使い捨てのナプキンには、吸収剤が入っていて、吸収した経血を固めます。この経血がむれて、嫌なにおいがします。布ナプキンはこのにおいがしません。湿気は逃げていくので、むれる心配がなくさらっとしています。むれないので、かゆみやかぶれも少なくなります。生理になると、使い捨てナプキンでかゆくなる方には、布ナプキンがおすすめです。布ナプキンにしたことで、かゆみから解消される方も多くいます。私もその一人でした。なんとかしたいなと悩んでいた時に、布ナプキンに出会いました。生理時の悩みが少し解消され、気持ちよく過ごせるようになりました。

布ナプキンは、下着のような感覚で使えます。経血の多い日や外出時は、使い捨てを使っていますが、家にいるときや経血の量が少なくなってくると、布ナプキンの方が気持ちよく過ごせます。使い分けるのも便利です。洗うのが面倒な時は使い捨てを使うとストレスもたまりません。絵柄もかわいく、漏れる心配がないので、たくさんの方におすすめしたいです。