布ナプキンは万病を防ぐ!?

現在の一般的な生理用品は使い捨てナプキンです。しかし、あまり知られてはいませんが、「布ナプキン」という生理用品も存在します。

布ナプキンとは、主にコットンの布でできている生理用品です。一番のメリットは、生理中のデリケートゾーンの肌トラブルを防ぐことができる点です。生理中、ナプキンを使用している際、ムレやかゆみ、かぶれに悩まされた方も少なくないのではないでしょうか。

使い捨てナプキンのほとんどは石油でできたメッシュ素材でできています。メッシュ素材とはいえ、やはり布ナプキンに比べると通気性は悪いのです。布ナプキンのほとんどは、綿、コットン、リネンなどの自然素材で作られています。デリケートな部分に直接あてるからこそ、優しい肌触りになっています。まるで下着をつけているのと同じ感覚なので、肌に優しいのです。

また、素材が衣類と同じなので通気性は良くしつつ、体温は保ってくれます。そのため、子宮の冷えの予防にもなります。子宮が温まると、生理痛が軽減したり、経血の量も少なくなります。そのため、より快適に生理期間を過ごすことができるのです。子宮を温めることによって、不妊症、子宮筋腫、子宮内膜症の予防にもつながります。それだけ女性にとっては子宮の冷えは万病を招く大敵になってしまうのです。

生理中は、ニオイは気になる方も多いと思います。実はあのニオイの正体は、使い捨てナプキンの高分子吸収剤と血液が反応して出るニオイなのです。本来経血は血液のニオイとそこまで変わらないので、それほど不快なニオイはしません。不快なニオイの正体は、使い捨てナプキンと血液の混じったニオイだったのです。

布ナプキンには高分子吸収剤は含まれていませんので、生理中独特の不快なニオイからも解放されます。使い捨てナプキンとの一番の違いは、布ナプキンは洗濯して何度も再利用します。それゆえ、捨てればよかったナプキンとは違い、洗濯の手間がかかってしまいます。

しかし、女性の人生で永く付き合わないといけない生理期間。使い捨てナプキンは莫大な消耗品のひとつです。体の負担が減るメリットだけではなく、もちろん経済的に、また、環境にも非常に優しいのが布ナプキンなのです。現在の布ナプキンは、花柄やチェック柄など、かわいい柄もたくさんあります。女性にとって憂鬱な期間でもある生理期間。永く付き合わないといけないからこそ、体に優しく、快適な生理期間を布ナプキンで過ごしてみませんか。